家事に関する資格やスキル 目当ては片付け

家事に関する資格は各協会や団体が認定しているもので民間のものが数多くありますが

中でも掃除に関する資格は、家事代行の需要が伸びる中で仕事に活かせるという利点から人気の資格でもあります。

しかし、家事代行だけで一本立ちしようとするとある時需要が伸び悩むことがあります。

何故なら、家事のすべてを外注できるほど金銭的に余裕のある家庭というのは全体の中でも限られているからであり、競合がいる中、家事代行一本で事業の継続を図るのは非常に難しいことだからです。

そこで、付加価値を持たせる合わせ技が家事に関する事業の中でも差別化を図るために必要となってきます。

現在日本において家事代行の利用は増えているとは言えその頻度はまだ決して多くはありあません。

これは、家事外注率の高い諸外国に比べ「家事」を仕事として捉えていない日本の文化的背景が原因であるとも言われます。

家事を外注したとしても普段手の行き届かないところの掃除や、まとめて依頼できる家事の一部を代行してもらうという利用が一般的です。

つまり、日々のその他の家事については引き続き依頼主も同時に継続する必要があり、家事の一部を外注しても決してすっかり楽になるということはありません。

そこで、是非注目して欲しいのが「片付け(整理収納)」のサービスを事業内容にプラスすることです。

片付けのサービスは家事代行のように一時的なきれいの提供ではなく、継続的な掃除のしやすさ、片付けやすさを目指します。

家事代行に片付けのサービスをプラスすることで、普段行き届かない部分の掃除+自分で継続できるきれいの両方叶えることができるわけです。

家事代行で行う掃除と片付けは実は似ているようで、まったく別のサービス提供であると言うことができます。

また、家事の外注に関する需要も家庭の状況や時間的余裕、金銭的余裕により様々です。

一口に家事代行と言ってもその需要は部分的なことも多く、内容も多岐に渡ります。

例えば家事代行と片付けを分けて展開するというように、サービスを細分化し選択肢を増やすことで利用する方のニーズに幅広く答えることができ、一つのサービスを窓口に別の需要を引き出すきっかけを作ることも期待できます。

家事を仕切っていると感じることですが、「名もなき家事」と表現されるほど家事内容は非常に多様で多くのスキルを必要とします。

人により、何を依頼したいかは「家事」とひとくくりにはできず実に様々です。

多岐に渡る家事に関するサービスを細分化し提供することは依頼主個々のニーズに応え、継続した家事代行利用につなげるために必要な工夫と言えるのではないでしょうか。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次